旅行

フランス建築旅行記~マルセイユ編~

フランス南部の中心都市マルセイユの建築旅行記を残したいと思います。マルセイユは地中海に面し観光で訪れる人も多いほか、パリの次に人口の多い都市でもあります。そんなマルセイユは紀元前600年頃の植民都市が始まりで、ギリシャやローマなど様々な方面から影響を受けており、多様な文化が共存する都市です。
大学院入試

院試受験ログ~東大院建築受験~【出願・研究計画書】

院試を始める第一歩が出願だと思います。出願書類を揃えたり、「研究について」といういわば研究計画書を書いたりなど手間がかかる作業も多いので早めに準備しておくことをお勧めします。
大学院入試

院試受験ログ~東大院建築受験~【専門課題Ⅱ】

東大の専門課題Ⅱは 即日設計/計画・建築史・構法系/環境系/構造・材料系 の4つの群に分かれています。即日設計は試験時間4時間で、その他の3つの群は3時間です。この選択は研究室に依らずに自由に選ぶことが出来ます。(例えば、構造の研究室を希望するが即日設計を選択するなど。)この専門課題Ⅱの科目は出願の際に選択するので注意が必要です。
大学院入試

院試受験ログ~東大院建築受験~【英語TOEFL】

東大の大学院を受験するときの一つの越えなければ行けない壁の一つがTOEFLです。 壁といったのも、東大では英語は足切りにしか使われていないとも言われてます。(ここら辺はあくまでも噂なので軽視することはできません。)
大学院入試

院試受験ログ~東大院建築受験~【専門課題Ⅰ】

東大大学院の専門科目Ⅰの内容を科目ごとに解説していきます。 また、参考にしている教科書をいくつか紹介しています。教科書からそのまま出されている問題もあるので、教科書は手に入れたほうが良いと思います。
大学院入試

院試受験ログ~東大院建築受験~【即日設計】

東大建築の科目のひとつ専門課題Ⅱの中でも受験者が多い即日設計について詳しくまとめていきます。(あくまで自分が受験したときに聞いたことや実感したことなので参考までに)
大学院入試

院試受験ログ~東大院建築受験~

先日、東京大学大学院の建築学専攻の院試を終えてひと段落したので、院試までの流れや勉強法などを記録として残しておきたいと思います。(無事、第一志望の研究室に合格することが出来ました。)
旅行

フランス建築旅行記~パリ編~

建築を見に行くことメインでフランスに旅行した時のことを記事にしてみました。 フランスの建築は西洋のなかでも歴史が古く、ゴシック建築も残っていればコルビュジェのモダニズム建築も、現代のジャン・ヌーヴェルのガラス建築もあり、建築を学んでいるものとしてはまさに理想郷のような国です。
旅行

インスタ映えと建築

夏という一番インスタ映えしそうなシーズンもそろそろ終わりに近づいてきてしまいました。今年は夏らしいことをあまりできなかったことは後悔。"平成最後の夏"なのに。 この"平成最後の夏"というワードはInstagramでハッシュタグとして使われ、各々が映えていると感じた写真とともに添えられています。"平成最後の夏"というハッシュタグはもちろん使われてるのは今年だけで、約40万回も使われています。年々、若い層がSNSを始めたり子供が親にアカウントを作ることを勧めたりし、人口は減少していながらもSNS人口はどんどん増えています。
建築

瀬戸内海の建築巡り【直島・豊島】

以前、夏休みに旅行した瀬戸内海の直島・豊島の旅行記を今さらながら残しておきたいと。 瀬戸内海の島へは、「岡山からのルート」と「香川からのルート」がありますが、今回は香川経由で島へ向かいました。
ガジェット類

建築学生のパソコンの選び方

建築学生が疑問に思うことは「どのパソコンが建築学科に向いているのか」だと思います。大学生になると自分のパソコンが欲しいと考える人も多いと思いますが、建築学科生はパソコンが必要になります。建築学科は他の学科とは違う点も多く、僕自身も入学するときは非常に悩んだので、必要なスペックの情報をまとめてみました。
ガジェット類

カメラの選び方とおすすめの紹介

こんにちは。カメラは建築をやる以上欠かすことのできない道具だと思っており、仕事をするうえでは業績に関わるほどの商売道具の一つともいえると思います。今回はそんなカメラを選ぶときのポイントを整理して、おすすめの商品も紹介したいとおもいます。
ガジェット類

OS の違いWindowsかMac

建築を学ぶ上でのパソコン選びについて考えていきたいと思います。 まず、はじめにWindowsかMacかという問題ですがWindowsでないと、Macでないといけないということはありません。
建築

まいぺーすに建築ブログとは。

はじめまして。 このブログでは、建築を学んでいる学生をしていく中で、気づいたことや実際に試していることなどをメモ的に残していこうと思っています。