建築

旅行

BONUS TRACK ツバメアーキテクツ

小田急線の地下化に伴って生まれた、下北沢駅にほど近い細長い空地。BONUS TRACKはその空地にできた新築の商店街である。ここには、飲食や物販、SOHOなどがぎゅっと集まっている。たてものはメインとなる大きなものと4つの小さな棟に別れ、...
旅行

角川武蔵野ミュージアム

東所沢駅を出て、郊外の住宅地を歩いていくと、家かげの奥に巨大な石の塊が立ち現れる。それは、宇宙から隕石が落ちてきたかのような、重みを感じるある塊である。事前に写真で見たり、聞いた話から想像していた大きさをはるかに超えるような迫力の...
旅行

都心のオアシスとしての南池袋公園

2016年に池袋の東口にリニューアルオープンした南池袋公園は若者が集まる人気スポットになりました。雑居ビルの中に広がる芝生は都心のオアシスのようでとても気持ちのいい空間です。
旅行

「UNIQLO TOKYO」 設計:H&deM

今年の6月に「UNIQLO TOKYO」が新しくオープンした。デザインアーキテクトとしてH&deMが設計に携わっているということで、建築界隈でも大きな話題になっていた建築作品である。設計者であるH&deMがユニクロの店舗を手掛けることは初...
旅行

南町田グランベリーパーク

テレワークが進んで郊外に住むという選択をする人も増えてきた中で、去年に開業した東急田園都市線の「南町田グランベリーパーク駅」とショッピングセンターである「南町田グランベリーパーク」に着目したい。もともとは、南町田駅とグランベリモールという...
旅行

立川GREEN SPRINGS

コロナの影響もあり、中に入るテナントの開業が遅れていた立川GREEN SPRINGSを訪れた。すっかり行くことを忘れていたが、研究会で話に挙がっていたこともあって行くことにした。このプロジェクトは、敷地の総面積が4万㎡もあるとても大規模な開発で、どうなるのか気になっていたものだった。(今思えば卒業設計でこれより大きいものを短時間で設計するなんて無謀なことをしていたと思える。)
読書

原っぱと遊園地

緊急事態宣言は解除されたが、どうしても不自由な日常はなかなか変わらない。オンライン上で仕事をする生活に移っていくのかもしれないが、まだそれを支える設備が追い付いていないなと思う。そう思う一番の要因が図書館なわけで中々に苦しい。もうそろそろ図書館は使うことが出来てもいいんじゃないかとは思うけれど、それもいまだに叶っていない。あの図書館にいれば、幾らでも読みたい本に気軽にたどり着ける日に早く戻ってほしいと切に思う。
旅行

エスカレーターと建築

先日の『マツコの知らない世界』で換気扇や室外機などとてもコアな内容で特集が組まれていたが、その中でも田村美葉さんによるエスカレーターの部分が特に面白く自分の興味に近いものであった。
読書

リモート時代の働き方・暮らし方の話

新型コロナウィルスの影響で、今までにはないほど多くの人がリモートワークに移行している。この感染症が落ち着いた後に、これまでのワークスタイルに戻るのか、はたまた、リモートワークを多く取り入れる方向へと変化していくかは、まだどっちとも言えないが、これまでの働き方を考えるきっかけにはなっていると思う。
建築

高輪ゲートウェイ駅

昨日開業した高輪ゲートウェイ駅に。開業前から度々話題に上がっていた駅だが、都心に新しく駅が出来ることはあまり無いことなのでなんだかんだ楽しみにしていた。
旅行

『石の美術館』設計:隈研吾

那須にある隈さん設計の「石の美術館」を訪れた。本当はもう一つの馬頭広重美術館も行きたかったのだが時間なく行くことは叶わなかった。今回のように、旅行を企画していると北関東には、数えきれないほどの見てみたい建築があることに気づく。他の地域だとこれほど、集まっているところはない気がする。
旅行

空中庭園幻想としての梅田スカイビル

この前旅行で訪れた大阪で訪れた梅田スカイビルについて実際に訪れた感想を書きたいと思う。建築を大学で習い始めて、先生方の話には頻繁に登場し、よく知った気になりながらも、なんだかんだ見に行くことのできていなかった建築のひとつで、この旅の中でかなり楽しみにしていた建築物だった。。
旅行

photo_金沢海みらい図書館_TOYAMAキラリ

先日の金沢で行われた学会のついでに2つの図書館を見てきた。シーラカンスK&Hの金沢海みらい図書館と隈事務所のTOYAMAキラリ(富山市立図書館)のどちらも比較的新しい北陸の建築でありながら、規模も建物内に入り込む用途も全然違く見比べると面白かった。同じ日に二つ廻れたのが良かったのかもしれないなと思う。それぞれの感想は写真のあとで。
建築

アルヴァ・アアルト 内省する空間

三田・田町にある日本建築学会建築博物館ギャラリーにてアルヴァ・アアルトの展示会が開催されています。アアルトの生誕120周年を記念に開催されており、東京ステーションギャラリーで開かれている「アルヴァ・アアルト もうひとつの自然」のサテライト的な位置付けです。自分自身も少しですが関わらさせていただきました。
旅行

すみだ北斎美術館

両国駅から少しあるいた所にある、すみだ北斎美術館。妹島さんの都内にある代表作ともいえるこの美術館は下町感あふれる街並みを歩いていると突如現れる。このファサードは美術館の特徴ともいえ、この日は天気も良く、アルミパネルに空が反射しとてもきれい。建ち方としては公園に正対しているんだけど、だからこそスリットが効いてきている気がする。
建築

田根剛展|未来の記憶 Archaeology of the future@TOTOギャラリー・間

時間があったので、TOTOギャラリーで開催されてる田根さんの展示会に立ち寄りました。東京オペラシティーアートギャラリーでも同時開催されています。TOTOがSearch&Reserchと題し設計のプロセスを展示しているのに対し、オペ...
読書

神殿か獄舎か

長谷川堯著の本書は、建築家がどうあるべきであるかを示してくれるような書籍だと思っています。代表作に<豊多摩監獄>がある、大正の建築家である後藤慶二を中心に建築家がつくる空間について語られます。 建築をつくる場合にぶち当...
読書

アメリカ大都市の死と生

以前から読まないと、読まなきゃと思いつつも中々読み進めれずにいた、ジェイン・ジェイコブスの『アメリカ大都市の死と生』を一読することが出来た。 本書は今年のはじめに映画化もされたが、1961年に出版され今のニューヨークに大きな...
旅行

瀬戸内海の建築巡り【直島・豊島】

以前、夏休みに旅行した瀬戸内海の直島・豊島の旅行記を今さらながら残しておきたいと。 瀬戸内海の島へは、「岡山からのルート」と「香川からのルート」がありますが、今回は香川経由で島へ向かいました。
旅行

【東北旅】青森県立美術館へ。

夏の暑い日が続いている今日この頃ですが、冬に訪れた東北の旅の涼しい日々を思い出しました。 東京から北に700kmの青森県には現代建築の名作がいくつもあります。その中の一つ、青森県立美術館は青木淳設計の美術館です。 雪の...